ホームページ制作における準備について

ホームページ制作を外部の企業に頼む際は、企画書の段階できちんとデザインを煮詰めておきましょう。
もちろん外部の専門企業なら、企画書を送付した後も随時修正を受け付けてくれますが、あまりにもリテイクが多いと、作業のスピードが鈍ります。

最低でもトップページのデザインや雰囲気、ホームページのイメージカラーやコンセプトなどは、企画段階でスタッフが話し合っておき、土台をしっかりと構築しておきましょう。

書類だけでは相手に意図が伝わりにくいかもしれませんので、スケッチが得意なスタッフにお願いし、色鉛筆とマーカーで大まかなラフスケッチを描き、それを下敷きにホームページ制作をしてもらえば、互いに楽になるでしょう。

ホームページ制作会社をしっかり選ぶ

ホームページ制作ではコーディングという作業が必要になります。

コーディングの際に必要なのは一つの言語ではなく、同時に複数の言語が使用されています。普通のホームページ制作を行う会社でも利用できる言語は違います。

さらに高度な言語のコーディングが必要な場合は、その様な言語を専門に扱うホームページ制作会社に外注する事もあります。

ホームページ制作会社と言っても得意とする分野は様々なので仕事を依頼する時は相手の会社についてホームページで調べておくといいでしょう。

ホームページ制作会社はしっかりと選びたいですね。

関連

MENU

TOP  ECサイト構築  ホームページ制作の基本  ECサイト構築の費用  ECサイト構築売上  ホームページ制作会社  ホームページ制作 seoの効果